【2021年】カナダ学生ビザ取得方法、申請から承認までの所要時間お伝えします!!

留学

ついに、
ついに、
ついに、


カナダの学生ビザ取れましたーーー!!!

カナダ移民局のHPみると、申請から審査終了まで約8週間と書いてあったので、もう少しかかるかなーと思ってました

それにしても本当に良かった。

あとは8月の渡航までコロナで変な規制がかからないことを祈るのみ



TOEIC700点ほどの僕でも、ビザの手続きを一人でできたので、

おそらく留学を目指されている多くの方にとって意外と簡単なことなんじゃないかなと思っています。



そこで今日は、

これから自分でビザ申請をしようと考えている方のために、

僕が実際にやったビザ取得の手順とコツをお伝えしたいと思います。

ビザ取得までの大まかな流れ

基本的には、以下のカナダ移民局のHPのとおりに進めていけばOKです。https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/study-canada/study-permit.html

ただ、TOEIC700レベルだと、わからない単語も結構出てくるので、Google翻訳やWeblio辞書をフル活用しながら読み進めていけば大丈夫かと思います。

ざっくりとした流れは以下の通りです

1 大学からオファーをもらう(一番大事!)

2 カナダ移民局のHPを確認し必要書類を集める。

3 申請書類を記入していざApply!

申請に必要な書類はなに?

◎入学許可書(大学からのオファーレター)

◎金融機関の残高証明書

・パスポート

・自分の写真

◎の二つで躓く、悩む方が多いと思われます!

入学許可書の取得(大学からオファーをもらう)


個人的には、ここが一番難しいと思います。

なぜなら、カナダの多くの大学ではTOEFL90点前後取得できないと入学基準を満たすことができず、オファーをもらえないからです

逆に、専門的な学部でない限り、英語の要件さえ満たせていれば割と簡単にオファーをもらえるようです。

英語試験の突破方法については別の記事で紹介したいと思います(コロナ禍だから使える裏技あります)

また、学部によっては、事前履修科目(admission requirements, prerequisite)を一定の成績で修了することを求められるケースがあります。

僕の場合は専門的な理系学部に行きたかったので、高校3年生レベルの数学と生物の単位が必要でした。

もともと文系出身のため、数学は高校2年でやめ、生物は履修したことすらありませんでした。

なので大学にアプライするためには、数学と生物の単位を取る必要がありました。

どうやって単位を取るべきかわからなかったので、必死こいてネットで調べたんですが有益な情報は見当たらず、、、 

これから留学を目指すことだし、英語で検索してみるか、と思ったのも束の間、

検索ワードを英語にした瞬間、役立つ情報がわんさかでできました!

多分ほかのことでもいえると思いますが、英語でネット検索すると役立つ情報がめちゃくちゃでてきます。

英語話者が世界に15億人程度と言われているので、単純計算で日本語で検索するより15倍情報がでてきてもおかしくないですね。

すみません、話を戻します!

英語によるネット検索の結果、どうやら海外には「いつでもどこでも簡単に単位が取れる」オンラインスクールがあるよう

大学の担当者に確認したらオンラインスクールの単位も使えるよー

ってことで、ですぐに申し込みました。

ちなみに僕が申し込んだのは値段が一番安かったここです。https://www.virtualhighschool.com/index.asp

1Class 6万円前後です。(2020年3月時点)

ここ以外にも

「Online School」 + 「自分が学びたい科目」 + 「留学先の地域名、国名」で検索すると似たようなスクールがたくさん出てくるとおもいます。

ただ、大学によって、そこで取得した単位が実は使えなかったケースもあるようですので、事前に大学の担当者に確認したうえで履修された方がよいかと思います。

金融機関の残高証明書を用意する


大学からオファーをもらったら、次にやることは残高証明書の準備です。

残高証明に必要な金額は、

1年間分の学費 + 1年間分の滞在費(一律10,000CAD)

とカナダ移民局のHPで明示されています。

これは、留学期間が1年であろうが2年であろうが4年であろうが、

1年分のみ証明できればOKです。(2021年5月30日時点)

詳細は以下カナダ移民局HPにあります

Study permit: Get the right documents - Canada.ca
Get the right documents – Study in Canada

https://www.canada.ca/content/dam/ircc/migration/ircc/english/pdf/kits/forms/imm5483e.pdf

ちなみに多くのカナダの大学では、学費を払い込まないとオファーをもらえません。

学費分の資金証明については、学費支払い済みの証明書(領収証的なSomething)を提出すれば足ります。

そのため、実際には、

・学費支払い済みの証明書

・20,000CADの残高証明書(生活費10,000CAD+往復航空券代4,000CAD+雑費6,000CAD)

を提出すれば十分に足りるようです。

 

ネットで調べた限り、ほとんどの方が、日本円で150万円から200万円程度の資金証明で学生ビザを取得できているようです。

ただし、稀に300万円でも資金不足を理由に不許可になる事例もあるようです。

残高証明は多いに越したことはないようですので、親兄弟親戚から一時的に借りて多く見せることをお勧めします。

僕の場合は、日本円で200万と500万の口座を準備し、審査を通過しました。

letter of explanationは必要?

申請者の個々の状況によって変わってきますが、

初めてビザ申請する成人の日本人であれば、ほとんどの場合、letter of explanation は不要かと思われます。

ちなみにこの書類は、カナダに留学する理由を書くものです。

この書類を提出させる目的は、

なぜカナダなのか?なぜその学部なのか?ということをカナダ移民局が事前に確認し、

不法滞在者になりそうな人を把握することにあるようです。

担当審査官が納得できない理由が書かれていれば何度申請しても不許可になります。

不法滞在する人の多くは、これまでの仕事の経歴と全く関係のない一番安い学部の入学許可をもらい、ビザをゲットしてコスパ良く入国しているそうです。Quara(https://www.quora.com/)にそんな情報が載ってました。

※Quoraとは海外版Yahoo知恵袋みたいなものです

ただ、日本人の場合、不法滞在者になるリスクが低いと思われているのか、letter of explanationはなくても大丈夫なようです。(実際、僕も大丈夫でした)

 

ネットで調べた限り、この書類を提出する必要がある人は、

・過去に不許可を受けた人

・ビザ延長申請の人

・先進国以外の出身の人

などのようです。

これが正しいかどうかはわかりませんが、

Quoraで調べる限り、上記3点の理由でletter of explanation を作成している人が多い印象を受けました。

私は現在、事務職として働いており、仕事とまったく関係のない理系の学部に行こうとしていますが、

letter of explanationを提出せずに審査を通過しています。

多分日本人だから大丈夫なのだと思います。

申請書類の作成

個々の状況によって作成する書類が違うようですが、

30代、独身、公務員、留学経験なし

 

の僕は、作成する書類は IMM1294 だけでした。

これは簡単な質問に答えていくだけなのでそんなに英語できなくても簡単に作れます。

最終的に提出した書類は以下の画像の赤線引いてある5点だけでした

申請から承認までの所要時間は?

カナダ移民局のHPによれば、承認までの所要時間は8週間でしたが、

僕の場合は、5月10日に申請し、26日に許可が下りました。

なので、実際の所要時間は17日でした

実際の流れは以下の通りです。

5月10日 書類をそろえて申請料金を入金し、申請書類をアップロード

5月11日 バイオメトリクスの案内がくる、13日に予約

5月13日 バイオメトリクス登録完了

5月26日 承認

こんなブログ誰も見てないと思いますが、もし質問などあれば気兼ねなくコメントください!!!!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました